世界初の・・・

 

久しぶりのご紹介となりました。

 

SEIKO スピードタイマー

 

国産時計初の自動巻クロノグラフとして発売され、大ヒットを記録したシリーズになります。

 

このスピードタイマー。

 

世界初のOO論争に度々登場するモデルでして、ゼニスのエルプリメロ、ブライトリング・ホイヤー連合のクロノマチックと、世界初の自動巻クロノグラフはどこか?という議題に必ず登場します。

 

一番最初に発表したのはどこか?

 

発売したのはどこか?

 

とか、まるで映画の全米OOのようなキャッチコピーのようなややこしさがありますが、セイコーの場合は、「世界で初めて自動巻クロノグラフを発売したメーカー」になります。

 

それがこのスピードタイマーというわけです。

 

こちらのモデルは回転ベゼルを備えた定番のモデル。

 

ブルーグレーのような文字盤もキレイです♪

 

 

 

もう1本は、黒文字盤。

 

こちらは、よりモータースポーツ感の強いデザインです。

 

共にブレスは社外品ですが、なかなか良い雰囲気で、時計とよく合っていると思います。

 

 

 

世界初のOO論争。

 

たぶん終わりの無いテーマでしょうけど、重要なのは、そこに日本のセイコーが関わっているという事実かと思います。

 

なんか誇らしくなりませんか?

 

メンテナンスも完了済みで、ガラスも交換済み!

 

2つとも美品です!

 

明日UPしますね。

 

以上、Mでした。

 

 

アンティーク時計専門店

ルチクル

〒601-8412

京都市南区西九条院町17

新都ホテル地下1階

みやこアベニュー内

075-661-3578

定休日 木曜・第3水曜日 

●営業時間

午前11時~午後8時30分まで 

京都府公安委員会

許可第611271130013

古い時計の修理お預かり致します。

お見積りは無料。

まずはお問い合わせを!

 

お問い合わせボタンより送信して下さい。↑↑↑